週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年02月12日~2018年02月18日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年02月12日~2018年02月18日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年02月12日~02月18日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
▼5位
2位
PS4
真・三國無双8
18/02/08
21,180
初8位
PS4
電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機
18/02/15
17,938
初16位
Vita
電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機
18/02/15
09,284
▼17位
8位
PS4
ドラゴンボール ファイターズ
18/02/01
05,975
▼19位
18位
SW
ARMS
17/06/16
04,234
▼21位
19位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
▼23位
15位
SW
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
17/09/07
▼39位
27位
PS4
ディシディア ファイナルファンタジー NT
18/01/11
△42位
45位
PS4
ストリートファイターV アーケードエディション
18/01/18

 今回は2018年2月中旬を集計したランキング表となります。新規にランキング入りしているタイトルとしては『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』、『アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!』、『ベヨネッタ ∞CLIMAX EDITION』、『ベヨネッタ2』があります。そして当サイトとしての注目は、やはり『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』ですね。

 その『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』の初動ですが、プレイステーション4版は初動数17,938本で第8位。
 プレイステーションVita版は初動数9,284本で第16位。両機種を合わせた初動数が27,222本とかなりの数字をマークしています。『バーチャロン』というブランドに、『とある』シリーズの人気が加わり、その爆発力は未知数ではあったのですが……。上位にビッグタイトルが並んでいるため、順位は思いのほか伸びませんでしたが、販売数自体は期待値に達している感じでしょうか。初動数が強いタイプではあるため、ロングランに発展するかは分かりかねますが、とりあえず当面は動向を追っていきたいところです。

 今回で3週目となる『ドラゴンボール ファイターズ』ですが、週間販売数5,975本(累計:88,943本)を売り上げての第17位です。順位が8位から17位とかなり落としてしまいましたが、とりあえず推計週間販売数の算出圏内をキープ。上位にビックネームが並んでいるので、ある程度仕方のない結果ではありますが、とりあえず国内10万本オーバーまでは見届けたいですね。ランキングの動きだけを抜き出しますと2位→8位→17位という経過。しかし本作の恐るべきところは、同じ『ドラゴンボール』のゲーム売り上げまで、連動してアップさせているところですね。今後のロングランにも期待したいところです。

 先々週より、復活ランクインしている『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』ですが、23週目の今回は15位から23位へとランクダウン。推計週間販売数の算出圏外となってしまいました。上記『ドラゴンボール ファイターズ』の登場以降、再び勢いを盛り返していますが、今後も何とか頑張って頂きたいです。

 今回36週目を迎える『ARMS』ですが、4,234本を売り上げての第19位。先週の18位からワンランクだけダウンです。先週の販売数が4,322本でしたから、売り上げをほとんど落としておらず、順位もほぼ同位置をキープ。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位という具合なので、本当に安定しています。とにもかくにも、年末年始の盛り返しは凄かったですが、e-Sports分野での注目度も上がっているようですし、今後も期待です。

 やはりロングランを続ける『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の23週目ですが、19位から21位へとランクダウン。ギリギリで推計週間販売数の算出圏外になってしまいました。ランキングの動向を見ますと5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位という具合なので、こちらも安定しています。今後のロングランにも期待できるでしょう。

 アーケードからの移植作『ディシディア ファイナルファンタジーNT』の6週目ですが、27位から39位へとランクダウン。先週の段階から、既に推計週間販売数の算出圏外ではありましたが、今後の盛り返しは難しそうです。累計販売数は137,790本まで確認出来たところでストップ。なんとか来週も50位圏内に残ってくれていると嬉しいのですが。

 そしてサムライ乱戦アクションの『銀魂乱舞』ですが、5週目の今回でついに、プレイステーション4版、Vita版共にランキング外です。こちらも盛り返しは難しいでしょう。定期的にアップデートや、ダウンロードコンテンツの配信が行われてはいますが……。銀魂ファンの方は、概ね購入済み、という感じではないでしょうか。

 今回で5週目を迎える『ストリートファイターV アーケードエディション』ですが、45位から42位へと少しだけランクアップ。順位の変動を見ると12位→26位→39位→45位→42位という具合です。無料アップデート対応しているタイトルが、これだけ奮闘しているのを見ると嬉しくなってしまいますね。格闘ゲームを代表するタイトルなので、何とか来週も残って欲しいところです。

 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の181週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の168週目、いずれもランク外。
 『EA SPORTS UFC 3』の復活ランクインもありません。

 当面は今週初登場の『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』の動向に期待ですね。そのほか『ドラゴンボール ファイターズ』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ARMS』、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』、『ストリートファイターV アーケードエディション』辺りの活躍にも期待したいところです。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha