週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年02月26日~2018年03月04日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年02月26日~2018年03月04日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年02月26日~03月04日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
▼12位
9位
PS4
真・三國無双8
18/02/08
5,733
▼17位
4位
PS4
閃乱カグラ Burst Re:Newal
18/02/22
4,086
△18位
21位
SW
ARMS
17/06/16
3,685
△20位
25位
SW
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
17/09/07
3,358
▼21位
19位
PS4
ドラゴンボール ファイターズ
18/02/01
△22位
23位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
▼37位
26位
PS4
電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機
18/02/15

 今回は2018年2月下旬から3月上旬を集計したランキング表となります。新規にランキング入りしているタイトルとしては『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』、『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』、『ドラえもん のび太の宝島』、『DOOM(Switch版)』の4本のみ。新作リリース数自体が、あまり多くはありません。

 先週初登場4位、そして今回2週目を迎える『閃乱カグラ Burst Re:Newal』ですが、4,086本(累計28,204本)を売り上げての第17位です。順位こそ4位→17位とかなり落ちてしまいましたが、実売数4,000オーバー。推計週間販売数の算出圏内も維持しています。とはいえ初動型のタイトルではありますので、今後も安定したロングランを続ける、という可能性は低そうです。それでも何とか頑張って頂きたいですが。

 今回38週目を迎える『ARMS』ですが、3,685本を売り上げて18位へとランクアップ。先週が21位でしたから、少しだけ上昇しましたね。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位→21位→18位と堅調な動き。今週は全体のソフトリリース数が少なく、ロングラン系のタイトルが強い動きを見せていますから、これも順当な結果と言えるでしょうか。

 復活ランクイン以降、何とも堅調な動きを見せる『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』ですが、3,358本を売り上げての第20位。なんと推計週間販売数の算出圏内への返り咲きを見せました。先週が25位でしたから、かなりランクアップしましたね。順位を引き上げてくれた『ドラゴンボール ファイターズ』の登場以降、何と追い抜いてしまいました。これからもロングランを見せてくれるのでしょうか。

 今回で5週目となる『ドラゴンボール ファイターズ』ですが、19位から21位へとランクダウン。推計週間販売数の算出圏外となってしまいました。ランキングの動きだけを抜き出しますと2位→8位→17位→19位→21位という経過で、少しずつ落としつつも奮闘している様子です。国内累計10万本オーバーを見届けられなかったのは残念ですが、海外セールスの強いタイトルでしたので、さほど問題ではないでしょう。今後もランキング入りを目指して頑張って頂きたいです。

 頑張ってロングランを続ける『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の25週目ですが、23位から22位へとワンランクだけランクアップ。引き続き、ギリギリの位置で推計週間販売数の算出圏外なのは残念ですが、順位自体は安定していますね。ランキングの動向は5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位→23位→22位となっています。今後のロングランにも十分期待できるでしょう。

 そして『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』の3週目ですが、プレイステーション4版は26位から37位へとランクダウン。プレイステーションVita版は今回でランキング圏外となってしまいました。先週からの落ち方が酷かったので、復活ランクインは難しいでしょう。プラットフォームが携帯機では操作性の問題もありますし、ツインスティックが発売されても利用できないですしね。そもそも初動型のタイトルですから、無理からぬ結果かと思われます。プレイステーション4版が、何とか来週も残ってくれていると嬉しいのですが……。

 アーケードからの移植作『ディシディア ファイナルファンタジーNT』は7週目に圏外となり、今回復活ランクインは無し。今回浮上できなければ、今後の復活ランクインは難しいでしょう。

 『ストリートファイターV アーケードエディション』の復活ランクインも無し。
 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の182週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の169週目、共にランク外。
 サムライ乱戦アクション『銀魂乱舞』の復活ランクインもありません。

 来週も新作はありませんので、当面は『ARMS』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』、『ドラゴンボール ファイターズ』辺りの動向を追っていくこととなるでしょう。
 『閃乱カグラ Burst Re:Newal』、『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』がランキングに残ってくれていると良いのですが……。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha