週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年03月05日~2018年03月11日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年03月05日~2018年03月11日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年03月05日~03月11日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
△17位
18位
SW
ARMS
17/06/16
3,431
▼19位
12位
PS4
真・三國無双8
18/02/08
3,370
同20位
20位
SW
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
17/09/07
3,321
△21位
22位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
▼30位
21位
PS4
ドラゴンボール ファイターズ
18/02/01
▼38位
17位
PS4
閃乱カグラ Burst Re:Newal
18/02/22

 今回は2018年3月上旬から中旬付近までを集計したランキング表となります。新規にランキング入りしているタイトルとしては『北斗が如く』、『英雄伝説 閃の軌跡I:改 -Thors Military Academy 1204-』、『ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション』、『あなたの四騎姫教導譚』、『フォルティッシモ』、『ラッキードッグ1』、『マインクラフト:ストーリーモード シーズン2』の7本と、そこそこの数がリリースされています。
 注目のビックタイトルとしては見事一位に輝いた『北斗が如く』ですが、初動数123,116本とかなりの数をマークしていますね。北斗の拳なので、格闘ゲーム要素があると嬉しかったのですが……そんな感じではなさそうなのが少しだけ残念です。

 今回39週目を迎える『ARMS』ですが、3,431本を売り上げての第17位。先週は3,685本を販売して18位でしたから、売り上げは少しだけ落ちながらも順位はワンランクだけ上げたという結果です。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位→21位→18位→17位と、堅調ながらも時折上昇するところが恐ろしいです。今週のように、新作リリースがそれなりにある週でもランクアップしているので、今後のロングランにも期待できそうです。

 ここしばらく、何とも手堅い動きを見せる『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』ですが、3,321本を売り上げての第20位。先週の売り上げ数が3,358本で、ほぼ同数。それで順位も同じ20位でしたから、その安定振りが伺えます。『ドラゴンボール ファイターズ』のリリース以降、それに引っ張られる形で復活ランクインを果たしましたが、それ以降の動きがまた活発ですね。ここからロングランを見せてくれるのでしょうか。

 ARMS同様に、Switchソフトのロングラン代表者『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の26週目ですが、22位から21位へとワンランクだけランクアップ。やはりギリギリ推計週間販売数の算出圏外なのは残念ですが、順位の安定振りは流石です。2週続けて、ワンランクずつアップしています。ランキングの動向は5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位→23位→22位→21位といった具合です。本当に43位という数字だけ、異様に違和感がありますよね……。

 今回で6週目となる『ドラゴンボール ファイターズ』ですが、21位から30位へと大きくランクダウン。先週より推計週間販売数の算出圏外となってしまいましたが、今回かなり落としてしまいましたね。ランキングの動きだけを抜き出しますと2位→8位→17位→19位→21位→30位という経過で、純粋な対戦格闘ゲームとしては極めて素晴らしい数字です。いわゆる『ARMS』や『ポッ拳』のような、超ロングランを続けるのは難しいかもしれませんが、ドラゴンボールというIPに加え、アークシステムワークスによるハイクオリティなゲームの仕上がりで、長い間ランキングに残っていて欲しいですね。海外セールスも順調なタイトルなので、そのうち総出荷などで面白い数字発表があるのではないでしょうか。

 今週で3週目を迎える『閃乱カグラ Burst Re:Newal』ですが17位から38位へと大きくダウン。一気に推計週間販売数の算出圏外へと弾かれてしまいました。累計販売数は3万本オーバーを見届けることができませんでした。順位変動は4位→17位→38位という具合で、初動型のタイトルとしては、これでも奮闘していると思います。何とか来週もランキングには残っていて欲しいですね。

 そして『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』ですが、4週目の今回でついにプレイステーション4版もランク外に。プレイステーションVita版は先週の段階でランキングから外れてしまいましたから、これで全滅です。初動が強いタイプのタイトルとしては、これでも健闘したと思います。

 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の183週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の170週目、共にランク外。
 『ストリートファイターV アーケードエディション』、『ディシディア ファイナルファンタジーNT』、『銀魂乱舞』の復活ランクインは無し。これらの返り咲きはもう難しいでしょうか。

 来週も新作はありませんので、当面は『ARMS』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』、『ドラゴンボール ファイターズ』の動向に期待しましょう。『閃乱カグラ Burst Re:Newal』がランキングに残ってくれていることを祈ります。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha