週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年03月12日~2018年03月18日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年03月12日~2018年03月18日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年03月12日~03月18日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
▼24位
21位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
▼26位
17位
SW
ARMS
17/06/16
▼30位
20位
SW
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
17/09/07
▼36位
19位
PS4
真・三國無双8
18/02/08
▼44位
30位
PS4
ドラゴンボール ファイターズ
18/02/01

 今回は2018年3月中旬を集計したランキング表となります。
 新規にランキング入りしているタイトルとしては『星のカービィ スターアライズ』、『進撃の巨人2』、『ウイニングポスト8 2018』、『デビル メイ クライ HDコレクション』、『フューチャーカード バディファイト 誕生!オレたちの最強バディ!』、『ぎゃる☆がん2』、『シルバー2425』、『バーンアウト パラダイス リマスター』、『FLOWERS 冬篇』、『わんニャンどうぶつ病院 ペットのお医者さんになろう!』と10種類。進撃の巨人やウイニングポストなど、マルチプラットフォームで発売されているタイトルも多く、かなりの数がランキングに飛び込んでいます。そのため全体的にランキングが上から押し下げられ、既存のタイトルの順位が軒並み下がっています。
 注目のビックタイトルは、やはり何と言っても『星のカービィ スターアライズ』で、初動222,031本を売り上げての堂々第一位。Switchタイトルは全体的に押せ押せですね。

 手堅くロングランを続ける『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の27週目ですが、21位から24位へと少しだけランクダウン。上位にこれだけのタイトルが入り込んだ状態でも、この高い位置を維持できるのは凄いですね。推計週間販売数の算出圏外なのは残念ですが、いずれまた盛り返してくれそうです。ランキングの動向は5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位→23位→22位→21位→24位という経過で、今後も安定したランク入りが期待できそうですね。

 今回40週目を迎える『ARMS』ですが、17位から26位へと大きくランクダウン。推計週間販売数の算出圏外となってしまいました。それでも新作リリース数の多い週において、この位置を確保できたのですから、十分立派です。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位→21位→18位→17位→26位と、全体的に堅調な動きであるのも事実です。現在のところ、30位より外に漏れていないのは流石といったところでしょうか。

 一時期はランキングから外れながらも、すっかり復権した『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』ですが、今回は20位から30位へと大きくランクダウン。今回再び、推計週間販売数の算出圏外に弾かれてしまいました。『ドラゴンボール ファイターズ』のリリース以降、それに牽引される形で復活ランクインを果たしましたが、現在はそちらよりも元気がありますね。定期的なアップデートやイベント開催も行われておりますし、今後もロングランを続けてくれるのでしょうか。

 今回で7週目となる『ドラゴンボール ファイターズ』ですが、30位から44位へと大きくランクダウン。先々週より推計週間販売数の算出圏外となり、それ以降の落ち方が厳しいです。ランキングの動きだけを抜き出しますと2位→8位→17位→19位→21位→30位→44位という経過で、来週は果たしてどうなっているのかと心配になってしまいます。純粋な対戦格闘ゲームとしては極めて立派な数字なのですが、このままランク外に弾かれてしまうのは悲しいですね。何とか来週も50位圏内に留まっていて欲しいものです。

 『閃乱カグラ Burst Re:Newal』ですが4週目の今回で遂にランキング外へ。先週の段階で一気に推計週間販売数の算出圏外へと弾かれてしまいましたが、そのままランク外という悲しい結果です。順位変動は4位→17位→38位→圏外という具合で、初動型のタイトルとしては、これでも頑張ったほうではありますが、累計販売3万本オーバーを見届けることができなかったのは心残りです。

 『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』は、プレイステーション4版、Vita版共に復活ランクインは無し。それでも4週もったので、これでも奮闘したと言えるかもしれません。

 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の184週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の171週目、共にランク外。
 『ストリートファイターV アーケードエディション』、『ディシディア ファイナルファンタジーNT』、『銀魂乱舞』の復活ランクインもありません。

 新しい風が吹き込まない限りは、当面『ARMS』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』のSwitchタイトル三強の時代が続きそうですね。そして来週は何とか『ドラゴンボール ファイターズ』がランキングに残ってくれていることを祈ります。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha