週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年03月26日~2018年04月01日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年03月26日~2018年04月01日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年03月26日~04月01日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
△19位
24位
SW
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
17/09/07
3,981
△21位
26位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
△22位
25位
SW
ARMS
17/06/16
△38位
40位
PS4
ドラゴンボール ファイターズ
18/02/01

 今回は2018年3月下旬から4月頭までを集計したランキング表となります。
 新規にランキング入りしているタイトルとしては『スーパーロボット大戦X』、『ファークライ5』、『シャイニング・レゾナンス リフレイン』、『メモリーズオフ -Innocent Fille-』、『蒼の彼方のフォーリズム for Nintendo Switch』、『円環のメモーリア -カケラ灯し-』の6本。スパロボシリーズの最新作をはじめ、マルチプラットフォームで展開するタイトルも目立ちますので、思いのほかランキング自体は賑やかです。ただし、先週、先々週と二桁台の新作がりりーすされていたことを考慮しますと、少しだけ落ち付いた印象はあるでしょうか。

 再ランクインしてからは絶好調な『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』ですが、今回は3,981本を売り上げての第19位。先週の24位からランキングをあげ、無事に推計週間販売数の算出圏内に復帰です。上位に人気タイトルが並び、ある程度上から押し下げられている状態で、この位置につけたのですから流石と言うべきでしょう。最近もまたアップデートがありましたし、定期的なイベントも継続開催されていますし、今後も是非頑張って頂きたいですね。

 安定した人気を誇る『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の29週目ですが、26位から21位へとランクアップ。先週、先々週と比較的高い位置を確保し、今回無事浮上という形ですね。あと少しで推計週間販売数の算出圏内でした。惜しかったです。ランキングの動向は5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位→23位→22位→21位→24位→26位→21位と鉄板ですね。

 今回なんと42週目を迎える『ARMS』ですが、25位から22位へとランクアップ。こちらもあと一歩で推計週間販売数の算出圏内。先々週、先週、今週と上からの圧力に屈せず、頑張っていますね。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位→21位→18位→17位→26位→25位→22位と安定。e-Sportsの競技種目としても注目され始めていますし、今後も楽しみなタイトルですね。Switch版スマブラ新作が出ても、並行して戦えるタイトルとなるかもしれません。

 9週目となる『ドラゴンボール ファイターズ』ですが、40位から38位へとランクアップ。先週食い止まってから、調子が良さそうに見えます。ランキングの動きだけを抜き出しますと2位→8位→17位→19位→21位→30位→44位→40位→38位という経過で、安定しているように見えますね。純粋な格闘ゲームは初動型が多く、数週でランキングから弾かれてしまうのが常なのですが、本作は見事に2カ月近くもっています。7週目以降、やや低飛行ではありつつも、長期的に50位圏内に踏みとどまる素質がありそうです。つい先日、公式マッチングコミュニティサービス『バトルアリーナ』も開設されましたし、今後も盛り上がって欲しいですね。

 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の186週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の173週目、共にランク外。

 『ストリートファイターV アーケードエディション』、『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』、『閃乱カグラ Burst Re:Newal』、『ディシディア ファイナルファンタジーNT』、『銀魂乱舞』いずれも復活ランクインはありません。

 とにかくSwitchタイトル三強の『ARMS』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』の存在感が凄いですね。今後も安定したロングランを見せてくれそうです。加えて『ドラゴンボール ファイターズ』の動向も楽しみに追っていきましょう。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha