週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年04月16日~2018年04月22日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年04月16日~2018年04月22日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年04月16日~04月22日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
▼25位
23位
SW
ARMS
17/06/16
▼27位
25位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
▼30位
24位
SW
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
17/09/07

 今回は2018年4月中旬から下旬にかけて集計されたランキング表となります。
 新規にランキング入りしているタイトルとしては『Nintendo Labo Toy-Con 01:Variety Kit』、『Nintendo Labo Toy-Con 02:Robot Kit』、『ゴッド・オブ・ウォー』、『メタルマックス ゼノ』、『ポータルナイツ』、『Neo ATLAS 1469』、『真・女神転生IV&FINAL ダブルヒーローパック』の7本。先週、先々週に比べればタイトルリリース数は多めですが、それでもランキング表自体にそれほど大きな影響は出ていないように見えます。ゴールデンウィーク前は、ダウンロードタイトルのセールなどが行われる傾向が強いですが、来週以降はそうした影響も出てくるでしょうか。発売されたタイトルの中でも少し異色に感じるのは『Nintendo Labo』シリーズですが、スタートは順調といったところでしょうか。テレビゲームとして新しい遊び方がなされていて、なかなか興味深いですよね。

 Switch看板の一翼を担うようになった『ARMS』の45週目ですが、23位から25位へと少しだけランクダウン。一見するとただ下がったようにも見えますが、上位3位を新作タイトルが占めている週において、2ランクだけのダウンというのは、むしろ凄いことかもしれません。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位→21位→18位→17位→26位→25位→22位→22位→23位→25位という具合で安定しています。やはり30位より外に出ないところを維持できています。今後もロングランを続けてくれるでしょう。

 同じようにロングランを見せるSwitchタイトル『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の32週目ですが、25位から27位へとやはり少しだけランクダウン。ランキングの動向を抜き出しますと、5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位→23位→22位→21位→24位→26位→21位→21位→25位→27位という動きで、安定した推移です。発売されてから、もう半年が経とうというのに、この勢いが衰えない感じは素晴らしいです。

 すっかり安定を取り戻した『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』ですが、今回は24位から30位へとランクダウン。最近まで推計週間販売数の算出圏内に入ったりしていたのですが、ついに30位台へと戻ってしまいましたね。とはいえ、オンラインイベントがまだまだ冷めやらぬタイトルだけに、まだまだ奮闘が期待できると思います。上記二作品と比べると、やや厳しいかもしれませんが、なんとかロングランを続けて欲しいですね。

 純粋な2D格闘ゲームでありながら、長い間ランキングを賑わせてくれた『ドラゴンボール ファイターズ』ですが、12週目の今回で残念ながらランク外に。50位圏外へと弾かれてしまいました。それでもこれだけ長期間頑張れたのでしたら御の字でしょう。順位だけを抜き出すと、2位→8位→17位→19位→21位→30位→44位→40位→38位→41位→36位→圏外という経過で、終始安定した数字を出してくれました。閑散期があれば、またひょいとランキングに顔を見せてくれることもあるのではないでしょうか。

 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の189週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の176週目、共にランク外。こちらは両者ともに復活ランクインは厳しいでしょう。

 『ストリートファイターV アーケードエディション』、『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』、『閃乱カグラ Burst Re:Newal』、『銀魂乱舞』いずれも復活ランクインはありません。こちらも難しいでしょう。

 それにしても、Switchの三強タイトル『ARMS』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』は本当にド安定ですね。しかも団子状態で並んでいることが多く、判り易くて有り難いです。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha