週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年06月11日~2018年06月17日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年06月11日~2018年06月17日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年06月11日~06月17日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
△21位
23位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
▼31位
28位
SW
ARMS
17/06/16
▼34位
31位
SW
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
17/09/07
▼44位
18位
PS4
BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE
18/05/31

 今回は2018年6月中旬を集計したランキング表となります。
 新規にランク入りしているタイトルとしては『グランクレスト戦記』、『スーパーボンバーマンR』、『GOD WARS 日本神話大戦』、『グランド・セフト・オートV:プレミアム・オンライン・エディション』、『CLANNAD -クラナド-』の5タイトル。マルチプラットフォームで展開するソフトは多いですが、タイトル数自体多くはないですね。

 先々週から登場し、今回3週目となる『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』ですが、プレイステーション4版は18位から44位へとランクダウン。Switch版は圏外のままです。
 さすがに3週目ともなると勢いが落ちてきますね。初動が強いタイプの格闘ゲームなので、致し方ないとは思いますが、それにしても残念ですね。夢のクロスオーバー作品で、初心者への配慮も行われているタイトルなので、ジワ売れしていってくれると良いのですが。

 ロングランを続けるSwitchタイトル『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の40週目ですが、23位から21位へとツーランクアップ。ギリギリ推計販売数の算出圏外なのは残念ですが、この段階で順位を上げるのは凄いですね。ランキングの変遷だけを抜き出しますと、5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位→23位→22位→21位→24位→26位→21位→21位→25位→27位→34位→17位→21位→19位→26位→27位→23位→21位という具合で、安定した動きを見せています。

 やはりロングランタイトルとして頑張っている『ARMS』の53週目ですが、28位から31位へと少しだけランクダウン。2週連続で順位を上げたあとなので、これは仕方のないところでしょう。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位→21位→18位→17位→26位→25位→22位→22位→23位→25位→31位→16位→19位→20位→32位→29位→28位→31位という具合です。発売から既に1年。これだけ長期間に渡って、これほどの高順位を獲得し続けるのは、なかなか尋常ではありませんね。今後もロングランタイトルとして頑張って頂きたいです。

 Switch三本柱の最後となる『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』ですが、今回は31位から34位へとランクダウン。2週連続ダウンから2週連続盛り返し、今回再びダウンという感じです。それでも数字自体は非常に安定しているのが素晴らしいです。

 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の197週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の184週目、共にランク外。『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』がリリースされるまでは、動きを見せないかも知れません。

 『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch』、『ドラゴンボール ファイターズ』、『ストリートファイターV アーケードエディション』、いずれも復活ランクインはありません。

 やはり当面は『ARMS』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』のSwitch三強タイトル頼みですね。個人的には今しばらく『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』の奮闘に期待したいのですが、どうなっているでしょうか。


■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha