週間格闘ゲームソフトセールスランキング

週間ソフトセールランキング 2018年09月24日~2018年09月30日 (MC)
週間ソフト売り上げランキング 2018年09月24日~2018年09月30日 (電撃)

 毎週恒例の週間ランキング、格闘ゲーム関連のみをまとめたリストの紹介です。
 推定販売本数については、集計されているところが見つからない為、20位以降については数値を出せません。予めご了承ください。

   

2018年09月24日~09月30日

今週
先週
機種
タイトル名
発売日
販売数
初5位
SW
ドラゴンボール ファイターズ
18/09/27
23,202
▼29位
28位
SW
僕のヒーローアカデミア One's Justice
18/08/23
▼36位
25位
SW
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX
17/09/22
▼50位
48位
SW
ARMS
17/06/16

 今回は2018年9月末を集計したランキング表となります。
 新規にランク入りしているタイトルは『無双OROCHI 3』、『英雄伝説 閃の軌跡IV- The End of Saga-』、『FIFA19』、『ドラゴンボール ファイターズ(Switch版)』、『うたわれるもの斬』、『すばらしきこのせかい -Final Remix-』、『戦場のヴァルキュリア4』、『アセットコルサ アルティメット・エディション』、『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』、『古書店街の橋姫々』、『参千世界遊戯 ~Re Multi Universe Myself~』の11タイトル。そのうち『無双OROCHI 3』および『FIFA19』はマルチプラットフォーム展開で、タイトル数はかなり多めです。そのためランキング自体は、全体的に上から押し下げられる形となっています。新作が多いのは良いことですね。

 当サイトの注目としては、やはりSwitch版『ドラゴンボール ファイターズ』でしょう。既にプレイステーション4版が好評発売中のため、完全新作とは少し立ち位置が違うのですが、これがやはり大健闘。初動数23,202本をマークしての、初週堂々の第5位。やはりSwitch版というのは、いわゆる据え置き機のゲームハードとはまた違った需要を喚起してくれるのでしょうか。Switchタイトルは長期的に売れるという印象があるので、なんとかこちらも頑張ってランク入りを続けて欲しいものです。

 そして原作も高い人気を誇る『僕のヒーローアカデミア One’s Justice』の6週目。
 Switch版は28位から29位へとワンランクだけダウン。先週、先々週に続いて、下げ幅が小さいですね。新作が続々と登場している最中において、これほど安定した位置を保ち続けるのは凄いです。ランキングの変遷は2位→10位→19位→25位→28位→29位という具合ですね。
 そしてプレイステーション4版ですが、今回ついにランク外に。先週がギリギリでしたので、致し方のないところでしょうか。新作ラッシュが落ち着けば、まだまだ再浮上が期待できる位置かもしれません。ランキングの変遷は、5位→18位→22位→31位→45位→圏外という具合になっています。

 ロングランタイトルを続ける『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』の55週目ですが、25位から36位へとランクダウン。一見かなり下がったように見えますが、先々週の順位が36位。つまり1週隔てて元の位置に戻っただけとも言えます。少し落としてはまたリカバリーしたりと、こちらも安定した動きを見せています。ランキングの変遷だけを抜き出しますと、5位→6位→5位→11位→16位→14位→18位→12位→17位→21位→17位→18位→8位→11位→14位→43位→17位→13位→15位→19位→21位→23位→22位→21位→24位→26位→21位→21位→25位→27位→34位→17位→21位→19位→26位→27位→23位→21位→24位→22位→26位→24位→26位→34位→31位→36位→23位→27位→34位→37位→36位→25位→36位という具合です。発売されて既に1年以上。この人気の高さはさすがと言うべきでしょう。

 ロングランタイトルのもうひとつの柱『ARMS』の68週目ですが、48位から50位へとランクダウン。本当にギリギリのギリギリです。あと順位をひとつ落とすことで圏外というところまで来てしまいました。とはいえ、発売されて1年と3ヶ月以上が経過するこのタイトルが、この位置にいられること自体が素晴らしいことではありますが。ここ最近の順位変動を抜き出しますと、23位→19位→22位→22位→26位→25位→27位→25位→22位→23位→21位→19位→9位→10位→8位→10位→15位→14位→12位→18位→19位→21位→18位→17位→26位→25位→22位→22位→23位→25位→31位→16位→19位→20位→32位→29位→28位→31位→29位→31位→28位→31位→34位→39位→36位→38位→29位→36位→39位→43位→43位→48位→50位という具合です。リリースラッシュが収まれば、ふたたび浮上する可能性は高いので、長い目で見ていくことにしましょう。

 携帯機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』の212週目。
 据え置き機『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の199週目、共にランク外。

 『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』もやはり、プレイステーション4版、Switch版共にランク外のままです。3週目でランキングからドロップアウトしましたが、復帰の見込みは薄そうです。やはりこの手のタイトルは、初動がすべてですね。

 『ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch』、『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch』、『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』、いずれも復活ランクインはありません。

 とりあえず、ランキングに残っているのは、またSwitchタイトルのみという状態になってしまいましたね。当面はSwitch版『ドラゴンボール ファイターズ』、 Switch版『僕のヒーローアカデミア One’s Justice』、『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』、『ARMS』の四強ということになるのでしょうか。『ARMS』がランキングに残っていてくれれば良いのですが……。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha