格闘ゲームニュースピックアップ

■ 真夏のCPT後半戦! sako選手、ふ~ど選手、ももち選手の戦いに感動! 『ストV』を観るための動画勢デビュー講座 第5回が掲載

 ゲーミングパソコンブランド『ALIENWARE ZONE』の公式ブログにて、“『ストV』を観るための動画勢デビュー講座”の第5回が掲載。カプコンプロツアーの後半戦にスポットを当て、その結果をとりまとめたトピックスとなっています。現状のランキングとポイント戦略の変化について詳しく書かれていますので、いわゆる動画勢の方のみならず、ツアーを楽しんでご覧になっている方は是非チェックなさってみてください。現在のグローバル・各地域ランキングと、残りのCPT公式大会の情報についても記されているのが嬉しいですね。

 



■ 『ファイティングバイパーズ』、『モーターレイド』がPS4で遊べる! 両作が『JUDGE EYES:死神の遺言』に収録されることが判明!

 2018年12月13日発売予定のプレイステーション4ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』において、何と『ファイティングバイパーズ』が収録されていることが判明。プレイスポットで楽しめる遊びとして、ゲーム中で遊べるということなのでしょう。個人的にも大好きな3D格闘ゲームだけに、バイパーズの収録は嬉しいですね。格闘ゲームとは無縁と思われていたゲームに、こうした要素が含まれているのも、ちょっとお得な気分になります。

 



■ 『JUMP FORCE』キルア、クラピカ、幽助、戸愚呂(弟)参戦! 『ゴンさんへの変身はバトル中1度きり』ほか最新情報が公開

 2019年に発売予定の『JUMP FORCE(ジャンプフォース)』に関連し、東京ゲームショウ2018で発表された内容をまとめた記事がファミ通.comにて掲載。今回、『幽遊白書』より『浦飯幽助』および『戸愚呂(弟)』、そして『HUNTER×HUNTER』より『キルア=ゾルディック』と『クラピカ』の参戦が明らかとなりました。さらに、ゴンさんに変身する超必殺技を使うと、以降そのバトルではゴンが使用不可になるとのことで、重い誓約と制約に縛られた原作仕様になっているとのこと。こうした設定を含め、続報が非常に楽しみなタイトルですね。

 



■ 『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』プレイリポート! 計12タイトルのわんこそばプレイが楽しい

 東京ゲームショウ2018における『ストリートファイター30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』のプレイリポートが、ファミ通.comにて掲載。初代『ストリートファイター』から始まり、『ストII』シリーズ、『ストZERO』シリーズ、『ストIII』シリーズのフラッグシップタイトルをすべて収録しているタイトルだけに、見所は十分。ブースでゲームを試遊すると、プレイ終了後に各タイトルのロゴやポスター、リュウのドット絵などのシールセットをもらうことができますので、TGSに赴かれる方は、是非ブースに足を運ばれてみてください。

 



■ 『カプコン ベルトアクション コレクション』プレイリポート! コンティニューし放題の贅沢プレイ

 引き続き、こちらは『カプコン ベルトアクション コレクション』のプレイレポートです。代表的なベルトフロアアクション『ファイナルファイト』のほか、『ザ・キングオブドラゴンズ』、『キャプテンコマンドー』、『ナイツ オブ ザ ラウンド』、『天地を喰らうII 赤壁の戦い』、『パワードギア』、『バトルサーキット』が収録された豪華版ですね。TGSのビジネスデーで設置されていたバージョンでは、無制限にコンティニューが可能で、時間制限有りでした。こちらでも先着で格好良いステッカーが貰えますので、皆様是非足を運ばれてみてください。

 



■ 乳揺れ、技表、衣装、バトルシステム! 『DOA6』の気になるところを隅々まで! 『デッド オア アライブ 6』TGS版試遊リポート

 こちらも東京ゲームショウの試遊リポートですね。コーエーテクモゲームスブースでプレイが可能な『DEAD OR ALIVE 6』が動画付きで紹介されていますので、興味のある方は要チェックです。やはり女性キャラクターの可愛らしさ。そして躍動感が印象的ですよね。試遊すると、かすみがデザインされた缶バッチが先着で貰えますので、やはり興味のある方は是非ブースに足を運ばれてみてください。



 



■ あやねの新衣装の発表も! ワンボタンで激闘エンターテインメントを味わえる『デッド オア アライブ 6』紹介ステージをリポート

 そして続けて『DEAD OR ALIVE 6』のステージイベントレポートです。写真付きでステージの模様が詳しく紹介されていますので、興味のある方はご覧になってみてください。ワンボタンで強力なコンボをくり出せる“フェイタルラッシュ”が導入されるなど、操作簡易化の波は3D格闘ゲームにも着実に浸透しつつありますね。

 



■ “戦維喪失”はやっぱり脱げる!? すしお氏の監修熱意がスゴい!? 開発秘話も語られた『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』紹介ステージをリポート

 東京ゲームショウのアークシステムワークスブースにて行われた『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』紹介ステージの模様が、ファミ通.comにてレポートされています。実際にプレイしている様子や、監修の一例などが写真付きで紹介されていますので、興味のある方は要チェックです。本作のキャラクターモデリングは、原作を担当するアニメ制作会社・トリガーが全面的に監修を行っているとのこと。さすが、あのハイクオリティには納得ですね。

 



■ プレイステーション クラシックのCM“みんなで1,2,3篇”が懐かしい

 東京ゲームショウ2018のSIEブースで行われたオープニングセレモニーにて、プレイステーション クラシックの新CM“みんなで1,2,3篇”が発表されました。人気の高かった『鉄拳3』も収録されているということで、往年の格闘ゲーマーにとっても注目のミニハードですが、何ともシュールなコマーシャルですね(笑)。とりあえずこれで、発売日は脳に刻まれた感じがします。



 



■ MBAACC 弓塚さつき ディレイアッパー・持続拾いのススメ

C・Fスタイルの成仏コンボにて、BEJCの入力間隔の違い、それを一定にする方法を纏めた動画、とのこと。


■ BBCF2 ライチ=フェイ=リン コンボムービー『happily ever after』

可愛いイラスト付きのライチさんコンボ動画。軽やかな連携が素敵です。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha