格闘ゲームニュースピックアップ

■ Capcom Home Arcade(カプコン ホーム アーケード)が発表。テレビに直接つなぐアーケードスティック型ゲーム機で16タイトルを収録
(情報提供:neo様)

 これは驚きのニュースですね。カプコンがヨーロッパ向けのサイトやTwitterアカウントで、アーケードスティック型ゲーム機“Capcom Home Arcade(カプコン ホーム アーケード)”を発表。カプコンの許諾を受けたKoch Mediaのライセンス製品で、現時点で日本国内での販売は未定。二台のアーケードスティックがそのままゲームハードになったような機器で、16本のゲームタイトルを収録。『サイバーボッツ』、『ダークストーカーズ(ヴァンパイア)』、『ストリートファイター2ダッシュ』等、カプコンを代表する格闘ゲームタイトルも含まれており、なかなか興味深いアイテムですね。外観にアーケードっぽさはありますが、ふたつのアーケードスティックを分割して使用することが出来ないと、やや不便に感じるのですが如何でしょうか。いずれにしても、続報が楽しみなゲーム機です。



 



■ 『ストリートファイターV アーケードエディション』期間限定で無料トライアル版の配信決定!豪鬼やブランカを含む追加4キャラクターが試遊可能に
(情報提供:neo様)

 発売中の『ストリートファイターV アーケードエディション』に関連し、4月24日(水)~5月6日(月)期間限定で無料トライアル版の配信が決定。プレイステーション4、Steamどちらでもプレイでき、同期間中は「豪鬼」、「ジュリ」、「メナト」、「ブランカ」の追加4キャラクターも試遊が可能。合計で20キャラクターが使用できます。ゴールデンウィークの期間に遊ぶにはうってつけなので、まだ遊んだことがないという方も、是非プレイなさってみてください。

 



■ 28人の剣豪が鍔迫り合い!格闘ゲーム『アケアカNEOGEO サムライスピリッツ零SPECIAL』の配信日が4月18日に決定!
(情報提供:neo様)

 ハムスターが事業展開する『アケアカNEOGEO』において、『アケアカNEOGEO サムライスピリッツ零SPECIAL』の配信が、2019年4月18日に決定したことを発表。2Dサムライスピリッツ作品の中でも、特に評価の高い『零SP』が、Switch・PS4・Oneといった最新ハードで遊べるようになるのは嬉しいですね。現在でも大会が行われるレベルの人気タイトルだけに、若い方にも広く遊んで頂きたいです。

 



■ 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』DLC、『ペルソナ5』ジョーカーは4月18日参戦。追加楽曲11曲には『P3』、『P4』の曲も
(情報提供:neo様)

 Switch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のDLCファイター『ジョーカー(ペルソナ5)』が、2019年4月18日午前中に配信されることが発表されました。新ステージ“メメントス”と11曲の楽曲がセットになっており、価格は602円(税抜)。メメントスは、ステージ中の楽曲に合わせてベースカラーが変わり『ペルソナ3』や『ペルソナ4』の楽曲も楽しめるとのこと。紹介映像も配信されていますので、併せてチェックしておくと良いでしょう。以前から目玉として発表されていたキャラクターだけに、期待度も高そうですね。



 



■ 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』Ver.3.0のアップデートでは、オリジナルの“ステージ作り”や簡単な“動画編集”が可能に!
(情報提供:neo様)

 引き続き、スマブラSPの話題です。上記DLCの配信に伴い、更新データ『Ver.3.0』のアップデートも無料で配信が決定。無限の可能性を秘める“ステージ作り”や、お手軽な動画編集機能。世界とつながる“みんなの投稿”など、様々な部分でパワーアップしていますので、スマブラプレイヤーの方は内容を確認しておくと良いでしょう。

 



■ 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』そこまでやるか!? 桜井政博ディレクターがDLC“ジョーカー”のこだわりポイントを解説

 まだまだ、スマブラSPの話題が続きます。こちらは本作のディレクター・桜井政博氏がTwitterで発信した解説の内容をまとめたものですね。演出面での作り込み、収録楽曲の充実ぶり、スピリッツの新規追加と気になる情報が多いので、スマブラSPプレイヤーであれば併せてチェックしておきたいトピックスです。

 



■ SIEがPS5(プレイステーション5)の発売時期、スペックなどについて言及。2019年の発売はなしとのこと

 ハードウェア関連の話題です。SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が、海外のメディア“WIRED”を通じて、プレイステーション5(PS5)こと、次世代プレイステーションについて言及。AMDの新型CPU“Zen2”を、GPUはRadeonの“Navi”をベースにしたカスタムGPUを組み合わせたプロセッサーを採用。8Kの描写をサポートし、3D描写で光の複雑な相互作用を予測するレイトレーシングにも対応。PS4、同VRとの互換性も持っているとのことですから、安心して購入できるハードとなりそうですね。これは続報が非常に楽しみです。

 



■ マイクロソフトがディスクドライブなしの新型Xbox One Sを発表、価格26,978円(税込)で国内でも発売
■ 光学式ディスク ドライブ非搭載の“Xbox One S 1 TB All Digital Edition”が日本国内でも5月7日に24,980円で発売されることが正式発表
■ Xbox One S デジタル専用エディションの詳細(公式サイト)

 引き続き、ハードウェア関連の情報です。マイクロソフトが、ディスクドライブを廃した新型Xbox One Sとして、“Xbox One S All-Digital Edition”を発表。価格は26,978円(税込)で、発売は2019年5月7日を予定。ゲームデータなどはクラウドに保存される模様です。詳細については公式サイトでもアナウンスされていますので、興味のある方は要チェックです。

 



■ BBCF2 Λ-11-.μ-12-.ν-13- コンボムービー『双極』

14分オーバーのロングコンボムービー。見応えがあります。



■ ウェブ小説『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』のご紹介

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』


■掲載先1:アルファポリス

■掲載先2:小説家になろう

原案執筆:瑞瀬了
イラスト:あこと

瑞瀬了&あことのタッグによる新作ウェブ小説です。ライトノベルを読む感覚で『地政学』や『マクロ経済学』を楽しく学べる作品を目指しています。

『幻想異世界の地政学(ジオポリティクス)』

Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

© 2011 格闘ゲーム総合サイト FFL Suffusion theme by Sayontan Sinha